チアシード&粉末グリーンスムージーで脅威の美容ダイエット効果

高いグラスに入った2つのチアシード入りグリーンスムージードリンク

非常に高い膨張率(満腹になる)と食物繊維をはじめとした優れた栄養価で、ダイエット効果や生活習慣病の救世主として話題になっているチアシード。

チアシードだけでも十分にスーパーフードと呼ぶに相応しい食材なのですが、これアレンジすることで女性にとって夢の様な食べ物になるとSNSで話題になっています。

スポンサーリンク

相性抜群!グリーンスムージー

チアシードの最強アレンジ。

それはグリーンスムージーと組み合わせることです。

美容やダイエットに興味のある方なら説明するまでもないグリーンスムージーですが、おさらいとして簡単に特徴を挙げておきます。

グリーンスムージーの特徴
  • ビタミン・ミネラルが豊富。
  • 胃腸への負担が非常に少ない。
  • カロリーが微量。
  • 液体なので簡単に摂取できる。

グリーンスムージーは野菜を粉末状にしたものなので、”飲むサラダ”といった呼ばれ方をすることもあります。

美容や健康に良いとはわかっているけど面倒でなかなか食べれない生野菜の栄養素を、ドリンクとして手軽に摂取できるのがグリーンスムージーというわけです。

グリーンスムージー×チアシード

グリーンスムージーもチアシードも、非常に健康的な食べ物としての知名度を得ているのですが、良いものを組み合わせれば良いというわけではないのが栄養学。

栄養素はそれぞれが特徴を持っているので、組み合わせ次第では栄養素同士が喧嘩をしてしまい、身体に良い状態で取り込まれません。

その点この2つは大丈夫。

喧嘩の要素はないんです。

ダイエット効果抜群のスーパーフード「チアシード」と美容の味方「グリーンスムージー」で相性もバッチリ。

話題にもなるはずです。

ダイエット効果

モデル下腹部に巻きつけられたメジャー

ダイエットするためにもっとも大事なのは

  • カロリー制限
  • 糖質制限

の2つです。

ダイエットについて様々な文献や資料を読みましたが、これ以上に効果のあるダイエット方法はないでしょう。

有酸素運動が良いなどといったものも見かけますが、カロリーと糖質制限に比べると効果は非常に少ないと言わざるを得ません。

ただ1番継続が難しいのもこの2つで、特に女性は食欲が男性よりも強いというデータがあります。

そこでオススメなのがチアシード。

脅威の膨張率で満腹中枢を激しく刺激してくれることはもちろん、栄養価も大変優れています。

いつもの食事の一部をチアシードに置き換えることで、お腹もいっぱいになるし、栄養も取れるというわけです。

 

【高品質・高実績】ランキング1位ホワイトチアシード

 

美容効果

綺麗なロシアン美女

女性なら誰でも興味のある美容ですが、無理なダイエットをすると美容に悪いということはご存知でしょうか。

若いうちは細胞が元気なためあまり感じられないのですが、若い内から無理なダイエットをしていたら肌などの老化を促し、20・30代を超えると年齢よりも老けて見られるようになります。

この1番の原因は一言でいうと”栄養不足”です。

ダイエットのために無理矢理食事を抜き、栄養が行き渡らない細胞が老化を進行していく。気付いた時には取り返しがつきません。

老化を遅らせる方法はあっても、若返る方法は現代ではまだ存在しません。

その点「グリーンスムージー&チアシード」はビタミンをはじめとする、美容に関する栄養をふんだんに含んでいます。

綺麗に痩せるためには、この上ない食べ物なんです。

 

【超お手軽】ランキング1位グリーンスムージー

 

レシピ

ヨーグルト入りスムージー

グリーンスムージーとチアシードを同時に食べるレシピは粉末スムージーを使えばかなり簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください。

基本中の基本!お手軽10秒レシピ

材料
  1. ホワイトチアシード:大さじ1杯
  2. 粉末グリーンスムージー:小さじ2杯
  3. 水:200cc
  1. ホワイトチアシードをあらかじめ10分ほど水200ccに浸しておく。(①)
  2. ①と粉末グリーンスムージーをシェーカーに入れ、よく混ざるまで振る。
  3. 完成。

朝に最適!ヨーグルトチアシードスムージー

材料
  1. ホワイトチアシード:小さじ2杯
  2. 粉末グリーンスムージー:小さじ2杯
  3. ライスミルク(牛乳でもOK):200cc
  4. 無糖ヨーグルト
  1. シェーカーにホワイトチアシードとライスミルクを入れて10放置。
  2. その後グリーンスムージーとヨーグルトを入れ、よく混ざるまで振る。
  3. 完成。

チアシードの食べ方注意点

便秘にも効果を発揮するチアシードですが、食べ過ぎは禁物です。

不溶性の食物繊維を食べ過ぎると、便秘解消どころか悪化する可能性すらあるのです。

1日大さじ1杯まで。この分量を守っていればチアシードが悪影響となることはありませんので、適量を心がけて上手にチアシードのある生活を楽しんでください。 

【高品質・高実績】ランキング1位ホワイトチアシード

[

【超お手軽】ランキング1位グリーンスムージー

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)