正しい香水の付け方!量?場所?香水の種類を理解して使い分けよう

オシャレな香水の瓶たち

  • モテるため
  • よりオシャレになるため
  • 大好きな匂いに包まれたくて

香水を付ける理由は男性・女性・人それぞれだけど、使用方法を間違えるとむしろ逆効果となってしまうケースも少なくはない。

特に香水は使い方を間違えると、臭いと思われたり、肌荒れの原因になったり、いったいなんのために付けたのかわからないなんてことになる可能性も大きいものです。

正しい知識を身につけ、楽しくオシャレに香水を楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク

実は4種類もある香水

香水(フレグランス)と一言で言っても、実はその種類は4つに大別されます。

香水を選ぶ時どんな匂いか気にする人は多いですが、ここをチェックする人は非常に少ないのではないでしょうか。

名称(略) 日本語読み 濃度 持続時間
Parfum(P) パルファン(パルファム) 15-25% 5ー12時間
Eau de Parfum(EDP) オーデパルファン(オーデパルファム) 10-15% 約5-6時間
Eau de Toletto(EDT) オーデトワレ(オードトワレ) 5-10% 約4時間
Eau de Cologne(EDC) オーデコロン 3-5% 約2時間

本来香水というのはパルファンのことなのですが、現在ではこれら全てが香水(フレグランス)として販売されています。

種類によって持続時間や匂いの強さが違うので、ご自分の香水がどれなのか把握しておくことが大事です。

商品ボトルなどのラベルを見ると書いてあるはずですので確認してみてください。

ちなみに筆者が愛用しているキャロライナヘレラの212menはオーデトワレでした。

フレグランス瓶裏側の種類表記例

香水を付けるべき部位・付けたらダメな部位

香水は決して肌に良いものではないです。

敏感な部分につけることで肌トラブルの原因になることもあります。

また、つけたところで効果が薄い(匂いが広がらない)場所もあります。

付けるべき場所は多くないので、サクッと暗記しておきましょう。

香水をつける部位
  • 肘(ひじ)、膝(ひざ)の裏
  • 手首・足首
  • 耳の後ろ

濃度が高いものほど身体下部や衣服で隠れる部分に、濃度が低いものほど身体上部や露出した部分につけると自然に香ってオススメです。

もしも肌荒れなどを起こした場合は、もうその部位には付けないようにしましょう。

症状が酷いようなら医師の診察を受けた方が良いかもしれません。

香水をつけたらダメな部位
  • 脇の下

汗とまざった匂いになったり、汗で流れたりしやすいです。

  • 足裏

足や靴の匂いとまざり、香水としての匂いを失ってしまいます。

  • 髪の毛・頭皮

香水に含まれるアルコール成分が髪が傷む原因になります。

洋服に直接スプレーすることもやめておいた方がベターです。

衣類の繊維によってはシミになってしまうだけではなく、服に染みこんでしまった香水の匂いはなかなか取れなくなってしまうこともあります。

適切な香水の使用量

首筋に香水をスプレーする髭の外国人男性

香水の使用料は絶対に1プッシュです。

あまり匂いがしなくてもそれ以上はやめておきましょう。

人間の嗅覚は匂い続けるとどんどん鈍感になっていき、匂いを感じることができなくなっていきます。

そのため同じ香水を使い続けると自分では匂いがついていないかのように感じ始めます。

しかし他人は違います。その香水の匂いに慣れたあなたが感じなくても他人はその匂いをしっかりと感じることができるのです。

もし匂いに慣れた嗅覚で適切な匂いがするのなら、それは他人にとっては不快なほど強烈な匂いです。

1プッシュ以上つけると「臭い人」というレッテルを貼られることもありえますので注意しましょう。

まとめ

  • 使用している香水の種類を把握しておくと良い。
  • 香水をつける場所は暗記しておくと便利。
  • 量は1プッシュを厳守。
スポンサーリンク

フォローする

ピックアップ

おすすめトピック

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)