妊娠したらニラ!ニラには妊婦に嬉しい栄養素がいっぱいだった

ニラの束

ニラのイメージは人それぞれですが、基本的にはサブ食材として捉えている人が多いのではないでしょうか。

また、

  • 臭い
  • 刺激が強い

などのネガティブなイメージを持っている人も多いようです。

しかしニラは本当は優秀な食材なのです!

スポンサーリンク

胎児が喜ぶニラ

あまり関係なさそうな妊婦とニラ。

しかしニラは、妊婦さんにこそオススメしたい食材なんです。

葉酸が豊富

妊娠したことがある人ならば全員が意識したことがあるであろう栄養素の「葉酸」。

実はニラは、葉酸を多く含む野菜の1つなのです。

以下が野菜の葉酸の含有量を表にしたものです。

葉酸含有量 
(100gあたり)
パセリ220ug
ほうれん草110ug
ニラ77ug
もやし39ug
ナス32ug
生姜8ug

こうしてみるとパセリなど、もっと葉酸を多く含む野菜は他にもありますね。

ですが間違いなくニラも、葉酸を多く含む野菜に属します。

どうして葉酸が必要なのか

特に妊娠初期に必要とされる葉酸。

胎児の脳・脊髄の基礎を作る時に多く必要で、葉酸が不足すると先天異常を持った子供になる確率がぐっと上がるというデータがあります。

健康な赤ちゃんになってもらうためにも、妊娠時に葉酸は欠かせない栄養素なのです。

妊婦のお腹

各種ミネラル

ニラには

  • カルシウム
  • 鉄分
  • カリウム

といったミネラルも多く含まれています。

これらは骨を形成するのに必要な栄養素で、言うまでもなく妊婦さんが積極的に摂取すべき栄養素です。

妊婦さん自身にもニラは良い

ニラは食物繊維を多く含み、便秘解消に有効です。

またニラに多く含まれるアリシンには疲労回復や風邪の予防効果が期待でき、妊婦さんの健康維持に一役かってくれます。

妊婦さんは薬が飲めませんから、こういった自然の食材で病気を予防することは、思いの外重要な事なのです。

冷え性にも効果を発揮してくれるニラは、体の免疫力アップを助けてくれます。

このように、妊婦さんにとってニラは最高な食材なんですね。

ニラと相性の良い食材

レバニラ炒め

ニラ料理といえば何を思いつくでしょうか。

だいたいの方が真っ先に思い浮かべるのが「レバニラ炒め」「チヂミ」「ニラ玉」などではないでしょうか。

実はそれらは非常に理想的な組み合わせ料理だったんです。

ニラのアリインはビタミンB1の吸収を助ける効果があり、ビタミンB1が豊富な食材と一緒に食べることで、より体内に吸収される栄養価を高めます。

特に豚肉はあらゆる食材の中でもトップクラスのビタミンB1含有量ですので、ニラとの相性は抜群です。

まとめ

近年、妊娠するとサプリメントで葉酸などの栄養を補うという人が増えています。

しかしサプリメントはあくまでサブとしての利用がベターです。

ニラなどの自然食品を意識的に摂取して健康管理ができたら、なにより素敵ではないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

ピックアップ

おすすめトピック

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)