他人事ではない!SNSの危険性まとめ

各種SNS

スポンサーリンク

個人情報編

写真のアップは危ない!

SNSでは写真をアップロードし、共有することが当たり前となっています。

しかしそこからプライバシーがダダ漏れになり、トラブルになることは珍しくありません。

スマホなどで撮影した写真には、位置情報が組み込まれていることがあります。
つまりあなたがどこで撮影した写真か”わかる人が見るとわかる”ということです。

写真をアップロードする際には、画像から位置情報を削除するなどの処理をしておく必要があります。

また、写真に無関係な人や物が写り込むことによりトラブルに発展する例もあるようです。

あなたのセキュリティは関係ない?

「セキュリティには気をつけているから大丈夫!」
という人も注意が必要です。

誰かがハッキングをされると、繋がりのある友人全てが被害を受けることになるのがSNSです。

住所や職場などの個人情報を限定公開にしていても、そうなるとなんの効力もありません。

最近では個人情報が漏れるだけではなく、アカウントの乗っ取りによって詐欺事件なども発生しています。

LINEアカウント乗っ取り詐欺などが有名です。

人間関係編

喧嘩(人間関係崩壊イメージ)

SNS疲れ

「充実している人の投稿を見ると、どんどん自分が惨めになってくる」

「友達がつぶやく度にクリックしたりコメントするのが義務になってきて、もう辛い」

こういう声に共感する人も多いのでは?

統計的にもSNSをやっている人の幸福度は、やっていない人の幸福度よりも低いようです。

米ミシガン大学の調査チームは、スマホを所有しFacebookのアカウントを持っている若者82人を対象に、2週間にわたって毎日、彼らの主観的な幸福感を測定しました。

調査方法は、被験者たちにどんな気分か、不安や孤独を感じるか。Facebookの利用頻度、人との「直接」交流の頻度などを1日5回不定時、テキストメッセージで尋ねるというもの。

すると、ある時点でFacebookを同時に利用する人数が増えると、次にテキストメッセージを送信するまでに被験者の気分は低下していた、という結果が出たのです。また、調査期間中、Facebookの利用頻度が増えるほど、生活における満足度は下がっていったとも……。

引用元:livedoorニュース

油断すると人間関係崩壊も!?

ついつい油断して失言をしていませんか?

「そんなつもりじゃなかったのに・・・」
という一言で人間関係を崩壊させる危険性もあります。

  • 誰かの悪口を書き、その人には見えないはずなのに友達の友達が見せてしまって・・・
  • 設定をいじった時に、つい公開設定を広げてしまっていた。
  • 喧嘩になった時、過去の投稿が決め手となり絶交宣言をされる。

なんてことにならないようにしましょう。

犯罪編

SNSで犯罪に巻き込まれる女子学生

ストーカー被害

SNSが一般的になって、会ったこともない人がストーカーになるというケースがあるようです。

特に顔写真をSNSにアップロードして公開している女性が狙われる危険性が高いということです。

SNS内での出会いには細心の注意を払いましょう。

リベンジポルノ

過去に交際していた女性の性的な画像を保存しておき、別れた後にTwitterなどで公開する犯罪が多発しています。

リベンジポルノとして他者の猥褻な画像をアップロードした場合には「3年以下の懲役、または50万円以下の罰金」
SNSなどで拡散した場合には「1年以下の懲役、または30万円以下の罰金」
が科せられます。

一度アップロードされると、その画像をインターネット上から完全に削除することはほぼ不可能になります。

アカウント乗っ取り詐欺

個人情報編でも上げましたが、パスワードがバレるなどでアカウントが乗っ取られて詐欺に使われる事件が多発しています。

友人の多いアカウントが乗っ取られた場合には、被害者の数もそれだけ多くなります。

乗っ取られた人は被害者なのですが、加害者として詐欺にあった人から恨まれるという例も。

  • パスワードを頻繁に変える。
  • 複雑なパスワードにしておく。
  • フレンド数をむやみに増やさない。

など、予防をすることで少しでも危険性を減らしましょう。

まとめ

SNSの危険性についてまとめましたが、SNSは悪いことばかりではありません。

SNSを利用して人生を豊かにしている人も多く存在します。

しかし年齢が低くなるほどSNSによる被害にあう確率は高くなるようですので、小さな子供にスマホなどを持たせる親御さんは特に注意しておく必要がありそうです。

賢く利用できるなら賢く利用する。
賢く利用できないなら利用しない。
スポンサーリンク

フォローする

ピックアップ

おすすめトピック

スポンサーリンク

コメント

  1. 氷見湯 より:

    え、そうなの

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)