金属アレルギーならピアス素材に要注意!安全にピアスでオシャレを楽しむために

髪を持ち上げて遠くを眺める外国人女性

金属アレルギーであってもピアスは付けらえます。でも、素材選びは慎重にしないといけません。世の中にはいろんな素材のピアスがあるんです。

ちょっとの間違いがアレルギー悪化に繋がりますので気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

金属アレルギーとは

絶叫する女性

金属と人の体が接触することで起きるアレルギーのことを「金属アレルギー」といいます。

金属は人間の体液(汗など)と触れ合うと溶け出します。

これがイオン化し体内のタンパク質と結合すると、それがアレルゲンとなりアレルギー反応を引き起こすことになるのです。

代表的な症状としては、金属と接触した皮膚部分に赤みやかぶれ・水泡など皮膚炎を起こす金属接触アレルギーがあります。

一度発症すると慢性化しなかなか治りづらくなるといわれています。

アレルギーとピアス

遠近法でオシャレに見えるピアス

ピアスを開けていない方が珍しく見えるほどに、ピアスを開けオシャレを楽しんでいる人はよく目にしますよね。

金属アレルギーであると躊躇しがちなピアスではありますが、素材を選べば大丈夫なことも。

ピアスの素材は金属だけではありません。他にもいろいろな素材を使ったピアスがあります。

絶対につけるべきではない素材

  • コバルト
  • ニッケル
  • スズ
  • クロム
  • マンガン

など

避けた方がよいであろう素材

  • パラジウム
  • アルミニウム
  • 亜鉛

など

大丈夫であろう素材(アレルギーは起こりづらい)

  • 樹脂
  • プラチナ
  • チタン(最もアレルギーが起こりづらいといわれています)

など

選ぶ際の注意点

注意を呼びかける医者の聴診器

チタン素材として売られているピアスであっても、ポスト部分はチタンであってもキャッチ部分はチタンではない他の金属である場合も多くあるのです。

プラチナ・銀・金に至っても同じようなことがいえます。

もしもキャッチ部分がコバルト・ニッケル・スズ・クロムなど金属アレルギーには危険な金属である場合も考えられます。

つける際・購入する際は必ずポストとともにキャッチ部分の確認することをオススメします。

また、大丈夫であろう素材も必ずしも大丈夫とは限りませんので注意は必要です。

トラブルなく楽しむために

鏡を見ながらマニキュアの塗られたてでピアスを装着する女性

素材に気をとられてばかりいてもダメなんです。

何も問題なくピアスを楽しむためのちょっとした注意事項をご紹介します。

違和感は危険信号

どんなに大丈夫といわれても、また、今まで大丈夫であったピアスであっても違和感があればすぐに取り外すよう心がけましょう。

ちょっとの違和感は危険信号。

そのまま無理につけ続けていくことで皮膚状態が悪化することが考えられます。

清潔に保つこと

耳とはいえ、ピアスも使用すれば汚れがつきます。

使用後は放置せず必ず清潔な布などで拭き取るなどして清潔を保つよう心がけてください。

特に汗をかいた時は要注意です。

しっかり拭き取り菌の繁殖を防がないと、アレルギーだけでなく他のトラブルが発生してしまう可能性があります。

何かあれば、すぐに使用を中止して皮膚科に行くよう心がけることも大切です。

金属アレルギー検査について

診察時にチャックシートを書き込む手

体のためもありますが、アレルギーを起こしにくいとされる素材は高価なものが多いので、購入してからアレルギーが発覚してしまうのはちょっと避けたいですよね。

できれば、ピアスを購入する前に病院でアレルギー検査を受けることをオススメします。

金属アレルギーの検査は、パッチテストまたは血液検査で調べることができますよ。

パッチテスト
費用:2000円~(保険適用可)
血液検査
費用:3500円~(金属アレルギー検査は保険適用外)

費用はあくまでも目安です。

病院によって異なりますし、初診料・再診料など別途費用かかることもありますので、検査を受けるのであれば各病院に問い合わせてください。

プラスチック素材のピアス

「金属アレルギーであるなら金属じゃなくプラスチック素材のピアスにすればいいのでは?」という意見もよく聞きます。

確かにごもっともな意見ではあるのですが、実は樹脂やプラスチック素材などのピアスにも注意が必要なのです。

確かに金属以外であれば金属アレルギーは起こりません。

ただ、プラスチックなどは素材が金属に比べて柔らかい傾向にあるため、その分傷つきやすく傷みやすいんです。

目に見えないような傷が無数にできることもあり、そこは雑菌の温床にもなりうる場所。

放っておくとアレルギー以外の症状が耳の中で起こってしまうこともあるのです。

要するに衛生的にあまりよくないんですね。

プラスチック・樹脂素材のピアスは値段も安くて魅力的に見えるのですが、基本、使い捨て用として作られているものもあるので、継続して使うには適していないピアスなのです。

まとめ

どちらかというと、金属アレルギーの人はピアスもそうですがアクセサリー自体あまり付けない方がいいのかもしれません。

ただ、どうしても付けたいというのであれば専門医に相談してからがいいでしょう。

ピアスコートと呼ばれる、ピアスに塗って乾かすだけで耳を保護してくれる商品もあります。

どうしても金属のピアスを付けたのであればこのような商品の活用もいいのかもしれません。

ただ、あくまでも慎重に。

金属アレルギーはひどくなると大変です。悪化するとピアスどころではなくなってしまうので気を付けましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)