犬は苺を食べれるの?~いちごの成分や食べさせる時の注意点について~

柴犬と苺

私達も食べる機会の多い、いちご。小粒で、ついつい食べ過ぎちゃいそうになる事もあるだろうと思います。

そんな時、飼っている犬がもの欲しそうな目で寄ってきたら、分けてあげたくなっちゃいますよね。

けれど、犬にいちごは食べさせて大丈夫なのでしょうか?

結論からいいますと「与える量に十分気を付ければ、食べさせても大丈夫」というのが答えです。

それでは、いちごを食べる事によるメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

いちごを食べる事によるメリット

可愛らしい子犬(トイプードル)

犬の健康面において良い効果を、いちごは与えてくれるんです。

免疫力のアップ、老化を防ぐ

いちごにはビタミンCが豊富に含まれています。
果物の中でも、多い部類の中に位置しています。

そんなビタミンCには、体の免疫力を上げてくれる働きがあり、老化に繋がる活性酸素の除去をしてくれる、抗酸化作用も含まれています。

また、コラーゲンの分解を抑えてくれる作用もあるので、皮膚のツヤや骨の形成を健康的にしてくれます。

ここで一つ疑問なのは、知っておられる方もいると思いますが、実は、犬は自分の体内でビタミンCを生成する事が出来るのです。

では何故ビタミンCの摂取が犬のメリットになるのでしょうか?

確かに犬は自分で生成する事が出来ます。

しかし、ビタミンCを多く消費してしまう夏や、体調がすぐれない、ストレスが溜まっている、高齢の犬である場合などは生成する力が衰えてしまって、ビタミンCが減少してしまう傾向にあるのです。

なので、そういった状況を意識しながら与えると、上手くビタミンCを補う事が出来ます。

塩分を排出してくれる

利尿作用のある、カリウムという成分が含まれており、余分な塩分の排出を促してくれる働きをします。

その為、血圧を下げてくれるので、高血圧気味の犬には助かる作用になります。

また代謝を良くし、むくみにも効果があります。

便秘に良い

食物繊維も含まれており、胃や腸のバランスを整えてくれます。

腸の中のお掃除の役目をしてくれるので、便通を良くしてくれます。

虫歯の予防、口内環境を整えてくれる

いちごに、私達にも馴染みのあるキシリトールが含まれている事はご存じでしたか?
キシリトールは天然の甘味料です。

虫歯の原因となる酸を中和させる働きをするので、虫歯の予防になります。

また唾液を出しやすくさせるので、口内環境をきれいに整えてくれます。

イチゴを食べる事によるデメリット

毛布に包まるワンちゃん

では、今度はデメリットを見ていきましょう。

メリットでも出てきた成分がデメリットにも出てきていたりしますが、メリットの成分にはもう一つの一面があるという事ですね。

肝機能に障害が出る

いちごにはキシリトールが含まれているとお話しましたが、実はそのキシリトールは摂取し過ぎてしまうと、犬にとって毒にもなるのです。

キシリトールは犬が食べた場合、血糖値を低下させるインシュリンを大量に分泌させてしまうので、低血糖、肝機能障害を起こしてしまうのです。

そして下痢、嘔吐、痙攣するなどの中毒症状が出てしまい、ひどい場合は死んでしまうケースもあります。

オシッコをする回数が増える

カリウムが含まれているという事もお話しましたが、こちらも摂取し過ぎるとあまり良くありません。

利尿作用がある為に、オシッコの回数は当然増え、おもらしをしてしまう犬もいます。

アレルギー症状が出る場合がある

いちごはバラ科の果物なのですが、実は犬の中には、バラ科の植物にアレルギーのある子がいるのです。

そしてその子がいちごを食べると、アレルギー症状を起こしてしまうのです。

症状としては、下痢、嘔吐、目が充血する、湿疹、蕁麻疹、体を痒がる、元気が無くなるなどがあります。

また、口腔内が強くアレルギー反応する場合もあり、舌や気管が腫れて呼吸困難になるケースもあります。

いちごの与え方

イチゴ

いちごのメリット、デメリットを見ていきましたが、それではいちごのメリットを上手く摂取する為には、与える時に何を気を付けなければならないのでしょうか?

与える量

まず一番大切なのは与える量です。

やはりデメリットは、多量に摂取し過ぎると起こしてしまう事が多いです。

しかし、だからといって怖がる必要もありません。

何故なら、いちごのデメリットにあったキシリトールですが、その成分はいちご100gあたりに約40mg含まれていると言われています。

犬に影響が出てくるのは体重1kgに対してキシリトール100mgと言われていますので、体重が10kgの犬の場合、いちごを2.5kg以上食べなければ問題ないということになります。

半分の5kgの犬だと、約1.3kgになります。

これだけの量のいちごを一度に食べさせる事は、盗み食い以外にはあまり無い事かと思われますので、安心して下さい。

目安の量としては、

  • 体重が10kgの犬の場合、1日2~3個まで。
  • 5kgの犬の場合、1/2個~1個まで。

これ位ですと、問題もなく与えられます。

与えるサイズ

次に与えるサイズですが、いちごは元々あまり大きくはありませんが、出来るだけ小さくカットして与えて下さい。

いちごは犬にとって消化しづらいものですし、そもそも犬は物をあまり噛まずに食べる生き物なので、気を付けてあげて下さい。

また、いちごのヘタは消化に悪いので必ず取ってあげて下さいね。

最後に

いかがでしたか?

食べさせる量さえ気を付けていれば、いちごは犬にとって良い効果をもたらしてくれるんですね。

ただ、アレルギーがある犬は、少し食べただけでも症状が出てしまうので、初めていちごを食べさせる時は、ほんの少しの量から与えてみて下さい。

注意点を守りつつ、犬達とスキンシップしながら楽しくいちごを食べましょう♪

スポンサーリンク

フォローする

ピックアップ

おすすめトピック

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)