犬に梨を与えて大丈夫なのか?~注意点と与え方~

梨を食べたがっているブルドック

秋の時期になると、梨が食べたくなりますよね。梨も含め私達人間も果物は好きですが、実は犬達も果物が好きな子が多いんですよ。

犬を飼ってらっしゃる方は経験があるかもしれませんが、「ちょうだい」とねだってくる事も多いです。

さて、今回はそんな果物の中で、犬の人気も高い”梨”をピックアップしてお話したいと思います。

「梨を犬に食べさせていいの?」と思われるかもしれませんが、結論から言いますと「食べさせて大丈夫」なんです。

梨には、犬にとって良い成分が含まれているんです。

スポンサーリンク

犬が梨を食べることで得られる効果

元気に公園を走り回るロングコートチワワ

実は梨には、犬にとって良い効果が期待できる成分が沢山あります。

水分補給にピッタリ

梨は食べると分かりますが、とても瑞々しいですよね。何故かというと90%近くが水分でできているからなんです。

なので、水分を奪われやすい夏の暑い時期や、元々あまり水を飲まないタイプの犬に食べさせてあげると良いですよ。

美味しく水分補給ができます。

便秘解消に良い

また、梨には食物繊維も豊富に含まれています。

この食物繊維の成分が便を柔らかくして便通を良くしてくれる働きを持っています。

利尿作用がある

利尿作用のある「カリウム」が含まれているので、余分な塩分を排出してくれ、血圧を下げる働きをしてくれます。

また、老廃物の排出も促してくれる作用があります。

消化を助けてくれる

「プロテアーゼ」という消化酵素を含んでおり、これはタンパク質を分解する働きをします。

なので犬に肉類を与えた時に、一緒に梨も食べさせてあげると消化を手助けしてくれます。

疲労回復に良い

梨は「クエン酸」「りんご酸」を含んでいます。これらは疲労回復に効き、食欲や新陳代謝も上げてくれます。

また梨にはアミノ酸が含まれていますが、その中に「アスパラギン酸」というものがあり、こちらも疲労回復の働きをしてくれ、アンモニアを体外に排出させたりもしてくれます。

梨をあげる時の注意点とは

犬禁止

愛犬の健康のために良い効果を期待できる反面、食べさせ方を誤れば梨は毒にもなってしまいます。

すぐにでも喜んだ顔がみたいという気持ちをグッと我慢し、しっかりと理解して問題なさそうならあげるようにしましょう。

下痢、嘔吐をする可能性がある

梨の食感はシャリシャリしていますよね。実は、その食感は細胞からできているんです。

石細胞といって食物繊維が蓄積し、細胞膜が硬くなっているもので、消化しづらい細胞になります。

食物繊維なので便通を良くする効果がある反面、食べ過ぎると下痢をしたり、消化もしづらいので嘔吐をしたりもするのです。

オシッコに気を付ける

水分が多い事、また利尿作用のあるカリウムを多く含んでいますので、オシッコの回数が増えてしまいます。

お漏らしには気を付け、排泄する環境をマメに作ってあげて下さい。

未成熟のものは与えない

成熟している梨は問題ないのですが、未成熟の梨は犬にとって危険です。

未成熟の梨には「アミグダリン」という青酸配糖体が含まれています。この成分が体内で分解される時に青酸毒を発生させてしまい、中毒を引き起こしてしまうのです。

呼吸困難や嘔吐、めまい、虚脱、血圧が下がる、などの症状が出て、ひどい時は命に関わります。

普通にお店で売られている梨は成熟しているので安全なのですが、自分で梨を狩りに行ってとったものや、人から譲ってもらったものなどは成熟しているかどうか確認してから与えましょう。

皮、種、芯は与えない

種には、上記でもお話した、アミグダリンが含まれているので危険です。

また、皮や芯は硬く消化しにくい為、消化不良の原因になってしまいます。

アレルギーに気を付ける

人と同様、犬にも様々なアレルギーがあり、稀ではありますが梨にアレルギーを起こしてしまう犬もいるのです。

症状としては、

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 湿疹
  • じんましん
  • 体を痒そうにする
  • 目が充血する
  • 元気が無い
  • 毛が抜ける
  • クシャミや鼻水が出る

といったものがあります。

症状がひどい時は動物病院で診てもらいましょう。

梨の与え方について

器に乗った食べやすく切られたナシ

愛犬が大好物だったからと、何も考えなく与えていては、むしろ愛犬のために良くありません。

簡単なことですので、ちゃんとした与え方に気をつけましょう。

与える量は?

与える量については十分注意して下さいね。やはり果物なので糖分も含んでいますから、多量に食べさせると糖分の心配も出てきます。

目安は、梨の約4分の1(20g)か、犬が食べる1日の食事の量の10%くらいまでにしておきましょう。

犬それぞれの体格や体質によっても適量は変わるので、初めて食べさせる時はもっと少ない量から始めて様子を見ると良いでしょう。

与えるサイズは?

梨は丸ごとあげたりせず、犬が食べやすい、なるべく小さいサイズにカットしてから与えましょう。

元々犬はあまり物をよく噛んで食べるという事はしないので、大き過ぎると喉や食道に詰まり、窒息する恐れがあります。

若しくは細かく刻んだり、すりおろしてあげるとより安全に食べる事ができますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?梨は、与える量、与えるサイズに気を付ければ、犬にとって健康に良い、嬉しいおやつになるのですね。

犬に梨を与える時、ひと手間かける飼い主さんは梨ゼリーや、ヨーグルトに梨を混ぜたものなどを与えたりしているようですよ。中には梨を入れた、犬用のチャーハンを作る方もおられます。

興味がある方はレシピなどを探してみて下さいね。

また、梨の木を使用した犬用のおもちゃなどもあり、犬と梨には意外に接点があるのですね。

スポンサーリンク

フォローする

ピックアップ

おすすめトピック

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)