ドラム式でもOK!節約にもなるキッチンマットの洗濯方法

ドラム式洗濯機にキッチンマットを入れる専業主婦

主婦なら知ってて当然?

どのご家庭にもキッチンマットの1つや2つはあるのではないでしょうか。

普段は何気なく引いているだけのキッチンマットですが、意外にもコレの洗濯方法に悩まれている主婦や一人暮らしの方が多いよう。

中には使い捨てとして定期的に買い換えている人もいらっしゃるとか。

捨ててしまっては非常にもったいないですので、適切な洗濯をして、長く使っていきましょう。

スポンサーリンク

具体的な洗濯方法

キッチンマットって結構汚れますよね。

  • 食材や調味料が落ちる。
  • 油が飛び散る。

といった理由はもちろんですが、炊事のたびに踏むものなので、足の垢やホコリもよく付きます。

頻繁に洗う必要はないかもしれませんが、洗い替えを用意し、定期的に洗濯したいところです。

頻度の目安としては、2週間に1回くらい洗濯する方が多いようです。

ゴミを取り除く

黒いキッチンマットを掃除機で綺麗清潔にする

洗濯の前に、キッチンマット上にあるゴミを取り除きます。

まずは掃除機でザックリとゴミを吸い取り、こびり付いている物は手を取りましょう。

米粒などが付いたまま洗濯すると、広がって余計に汚くなる可能性があります。

裏面もこびり付いている物はないか確認しましょう。

シミ・激しい汚れチェック

頑固なシミや汚れは普通に洗濯しただけでは取れません。

洗濯前にチェックし、気になるシミや汚れには直接的な対処をしましょう。

  • 液体洗濯用洗剤の原液を染みこませる。
  • スプレー式漂白剤を吹きかける。(生地による)

それでもどうしても取れない汚れの場合は、専用の洗剤等使うと良いでしょう。

洗濯用ネットに入れる

市販されている洗濯用ネット

特に裏面に滑り止めが付いているタイプのキッチンマットの場合、ネット無しで洗濯すると、滑り止めが取れてしまうことがあります。

必ず洗濯用ネットに入れて洗濯機に入れること。

ネットがない場合は百均やホームセンターにも置いているので、大きめのものを1つ購入しておくと便利です。

洗濯機で洗う

選択方法が書いてあるタグ

キッチンマットに洗濯表示タグが付いていると思いますので、そちらに従って普通に洗濯します。

ドラム式洗濯機でもこの方法で十分に綺麗になります。

衣服などと同時に洗濯することを嫌う方がいらっしゃいますが、洗濯用洗剤の特性上目に見えない汚れが移る心配は不要です。

ゴミを取り除き、ネットに入れているので、大きなゴミなどの問題もないです。

陰干しする

カラフルな洗濯バサミと洗濯紐で陰干ししてある洗濯物

素材としてウレタンが使われている場合、天日干しすると劣化の原因となりますので、陰干しが最適です。

空気の流れが多い部屋でしたら、部屋干しでも構わないでしょう。

長い洗濯物を干す道具がない場合には、ハンガーと洗濯バサミを使い、両先端を引っ張るように干すと空気と触れる面積が広くなり、乾きが早くなります。

一般的な市販ハンガーと洗濯バサミを使ってキッチンマットを干す方法

まとめ

沢山の輸入品が増え、安価で買える時代だからこそ、物を大事にする日本人の精神は忘れたくないものです。

洗濯方法も難しくはないですので、一人でも多くの方がこの記事をキッカケにして

汚れたから捨てる → 汚れたから綺麗にする

という発想になっていただけたら、筆者としてこんなに嬉しいことはありません。

スポンサーリンク
ピックアップ

おすすめトピック

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)