ペヤング復活!日本中が注目する販売再開でパッケージや味に変化は?

新しいペヤング

2014年12月に起こったインスタント焼きそば業界の大事件『ペヤングゴキブリ混入事件』。

そこから汚い工場がインターネット上にアップされたり、インスタントソース焼きそば市場をUFOと二分するペヤングは悪い意味で時の人。(あ、人じゃななかった)

それが満を持して今日2015年6月8日、関東限定で発売が再開されたとのこと。

今後の情報などの含めてまとめてみます。

スポンサーリンク

ペヤングの悲劇

2014/12/02、シグナーてるまさんのTwitterで、明らかに麺に入り込んでいるゴキブリの混入画像がアップされる。

全ての始まりはここからです。

ペヤングの中に発見されたゴキブリ

画像をクリックすると拡大します。食欲などに影響する可能性があるため、拡大閲覧注意)

その後の数日間は、テレビではペヤングのニュースばかりでした。

そして約一週間後、全商品の自主回収&工場停止の発表があり、実質国民に愛されたペヤングは終わりを迎えました。

復活!販売再開

こうした経緯があり、一部ネットオークションでのみ高額で流通していたペヤングですが、関東の一部地域で販売が再開されました。

各店舗にはペヤング特設コーナーなど、気合の入った売り場がゴロゴロ。

公式サイトも綺麗に一新。

Twitterなどでもペヤングの話が飛び交っています。

気になる味は?

ペヤングファンとしては、味に変化があったらダメですよね。 あの味じゃないとペヤングじゃないんです!! ということで、味についてのツイートを探してみました。

味には特に変化が内容です。

おめでとうごぜいます。待ちに待った味が変化しているという不幸はないようです。

パッケージに変化が!

従来のプラスチックの蓋で湯切りをするスタイルではなくなったようです。

一般的なインスタント焼きそばに足並みを揃え、機能性をアップさせたものの、少々寂しい気もしますね・・・。

しかしエコの観点からも、これはしょうがない部分でしょう。

今後のペヤング

2015年06月22日、甲信越・静岡地区販売再開。
2015年06月29日、東北・中京・北陸地区販売再開。
2015年07月06日、関西・中四国・九州地区販売再開。

1ヶ月をかけ、ちょっとずつ全国販売していくようです。

関東以外の人は、170円と希望を握りしめて待ってましょう。

スポンサーリンク
ピックアップ

おすすめトピック

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)