YouTube動画から動く画像を作る超簡単な方法

まるで動画のような動く画像をみたことはあるでしょうか。

GIFアニメーションと呼ばれるもので、インターネットをしていると時々お目にかかることがあります。

GIFアニメ例
(※読み込みに時間がかかりますので少々お待ちください。読み込み完了しましたらスムーズに動きます。)
(※この画像はhttps://youtu.be/-kIJqXLMLwcを利用させていただきました。)

このような画像を、YouTubeを用いて、誰でも簡単に作る方法をご紹介します。

スポンサーリンク

動画選択

まずは動く画像にするための動画URLを用意します。

実はYouTubeでなくても構いません。
Vineなど、だいたいの動画サイトで可能なようです。

この記事の説明では便宜上YouTubeとしますが、他動画サイトの場合も操作方法は同様です。

画像共有編集サイト「Imgur」

この方法は「Imgur」の機能を利用して作成します。
まずは「Imgur」内の「Video to GIF」へアクセスしましょう。

ページの真ん中にある記入欄に、GIF画像にしたいYouTubeのURLをコピペします。

Imgur動画編集画面

URLを貼ると、編集画面へ行きます。

動く画像にする部分の「開始位置」「終了位置」を指定し(最大15秒間)、「Create GIF」をクリックすると作成が開始されます。

作成には2~3分がかかる場合があります。

GIF画像の保存や拡散

作成が完成すると、右サイドバーに各種リンクが載っているので、そこから拡散などが容易にできます。

Facebook、Twitterなど各種SNSでの投稿はもちろん、ブログやサイトに貼り付けることも可能です。

GIFアニメの投稿・拡散方法

デスクトップ上にダウンロード

ダウンロードする場合には動いている画像の上で、

右クリック→「名前をつけて画像を保存」

で行うことが出来ます。

裏ワザ?動くJPG画像の作り方

SNSなどではGIFの拡張子を受け付けないケースもあります。

そういった場合にも対処できる、動くJPG画像の作り方をご紹介します。

上の例でいうと、GIFのURLが
http://i.imgur.com/wi14w4G.gif
になっています。

その「.gif」の部分を「.jpg」に変更したURLにアクセスするだけです。 
http://i.imgur.com/wi14w4G.jpg

保存方法はGIFの場合と同じように、右クリックから「名前をつけて画像を保存」でOKです。

スポンサーリンク
ピックアップ

おすすめトピック

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)