夏場は危険!ハムスターを高い気温から守る対策方法

ジャンガリアン・ハムスター(パールホワイト)

ハムスターは体温調節が下手クソで、気温への耐性がほとんどない動物です。

冬も夏も、しっかりと温度調節してあげましょう。

気温に無頓着な飼い主さんだと、最悪の場合ハムスターが死んでしまうということもよくある話です。

スポンサーリンク

ハムスターケージを置く場所

前提条件として、ケージの場所に気を使ってあげましょう。

良い場所

  • クーラーの利いた部屋(これが最強)
  • 風通しの良い場所

悪い場所

  • 直射日光の当たる窓際など(最悪です)
  • 熱気のこもる閉ざされたところ

ケージ周辺の対策

直射日光の当たらないクーラーの利いた部屋にケージがずっとあるのなら、もうこの先を読む必要すらありませんw
それで十分です。

ずっとクーラーのある部屋に置いておくわけにもいかない人は、少しでもハムスターが涼しく夏を乗り切れる工夫をしてあげましょう。

 ケージの上にアイスノンなどの保冷剤

冷気は上から下に向かって流れていくので、保冷剤をケージの上に乗せることでケージ内が涼しくなります。

ハムスターは濡れることを嫌がるので、水滴対策に必ずタオルを巻いて使用するようにしましょう。

夏場はすぐに保冷剤が溶けてしまうので、マメに保冷剤を取り替えてあげることも必要です。

陶器や石など

陶器や石などは熱を奪う性質があるため、結構ひんやりとします。

暑い時ケージ内に置いておくと、べたーっと寝そべって可愛いというのもいいですねw

ハムスター専用大理石などが市販されているので、そういったものを利用すると良いでしょう。

鉄製のプレートも市販されているのですが、薄っぺらいプレートはすぐに温度が上がってしまうように思いますので、大理石などがベターでしょう。

あまり良くない暑さ対策

やってしまいがちだけど、実はあまりよろしくない夏対策を紹介します。

扇風機の風をハムスターに当てる

人間が扇風機で涼しくなる1番の理由は気化熱で体温が奪われるからです。

体の表面に汗を書くことのないハムスターは、風が当たってもほとんど涼しくはなりません。

そればかりかストレスの原因になってしまうので、扇風機の風を直接当てることはやめましょう。

凍らしたペットボトルをケージ内に置く

こちらもやる人が多い方法です。

結露によってケージ内が濡れてしまったり、湿度が上がったり、ペットボトルを触ったハムスターが凍傷などの怪我をするケースもあります。

どうしてもペットボトルを使うのであれば、受け皿の上でタオルなどを巻いて使いましょう。

ペットボトルが破裂することもあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク
ピックアップ

おすすめトピック

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)