【初心者必見】正しいランニングシューズの選び方!メーカー・サイズ・用途が超重要

棚に並べられたスニーカー

ランニングシューズの選び方ですが、自分の好きなメーカー、応援したいメーカー、または自分と何らかの利害関係のあるメーカーなど、シューズ選びはメーカーから入ると選びやすく、迷わずスムーズに入っていけます。

自分の好きなメーカーが決まったら、そのメーカーの専門店に行きましょう。

大きいメーカーで大都市の基幹店では、自分の足の測定を測定器で図ってもらえるところもあります。

自分の足のくせや、どんな形をしているのかを知ることは大変大切です。

足の測定に予約が必要なメーカーもありますので注意してください。

またメーカーによっては測定器などがないところもあります。

その場合は店員さんとの話し合いとなります。

スポンサーリンク

シューズ選びは慎重に!

寄り添うように置かれているピンクのナイキの靴と、ブラウンのニューバランスの靴

ランニングにとってシューズは、大変重要なアイテムです。

シューズが自分の足に合わない(フィットしない)と、長い距離を走ると、足先などが痛くなったりして、走れなくなります。

よくレース中に血豆などを作って棄権する選手を見かけますが、こういう選手はまずシューズ選びからマラソンに入らないといけません。

また初心者は、走るのが嫌になる原因になりますので、シューズ選びは慎重にやりたいところです。

走る理由を大切に!

ランニングしている女性の足元

先ほども述べましたが専門スタッフの科学的なアドバイスを受けられる人はいいのですが、そうでない人は、次に走り方を考えます。

  • 家の近くを、軽くジョギングするのか?
  • 10kmや5kmのレースに出場するのか?
  • フルマラソンに初出場するのか?
  • 将来オリンピックをめざすのか?

それによってシューズの選び方も微妙に変わってきます。

オススメ!私のシューズの選び方

初心者であれば、私の経験からいえば、靴底の厚い、幅が広めで、少し重めのシューズが良いでしょう。

脚に対する負担を軽減し、ジョギングする程度ですから、足を守るという意味でもよいです。

あとは先ほど述べた、店員さんや測定を行った専門スタッフと相談の上決めたほうが良いです。

各メーカー、シューズづくりも微妙に違いますし、シューズに対する考え方やポリシーも違い、また外国のランニングシューズメーカーなどは、面白い、履き心地がするメーカーも沢山あります。

初心者は、ある程度の基礎知識を持ったうえで、自分で考えず、自分の信じたメーカーについてゆくのが一番良いのかもしれません。

買ったシューズをはいて、実際にランニングを行い、何回走っても良い走りができないときは、思い切ってメーカーを変えるというのも一つの選択肢です。

色、デザインは?

芝生に並んだ大人用ジョギングシューズと子供用ジョギングシューズ

次に色やデザインになります。

  • 自分はどんな色が好きなのか?
  • どんなデザインが好きなのか?

を自分で精いっぱい思考を膨らませ考え、それお店員さんに告げましょう。

そこでの話し合いとなりますが、店頭に気に入ったデザインがない場合もあります。

その場合はカタログで選ぶようにすればよいです。

シューズ選びは試着がポイント

色やデザインが決まったら次は試着です。

シューズを履いた時のフィット感と実際に走った時、それから長く走るとどうなるか?

このあたりがポイントです。

実際に買うシューズを履いて走れれば良いのですが、そのような場は、なかなかありません。

シューズを履いた時のフィット感が頼りになります。

少しでも歩ければ、買うシューズを履いて足踏みでもよいから歩いてみましょう。

そこで納得すればOKです。

シューズ選びがランニングのノウハウに!

光っている海に向かってアスファルトの上を走る男性

あとは買ったシューズを履いて実際に公道や、長い距離を走ってみて、自分で判断しましょう。

もし長い距離を走った時に違和感が生じたならば、次に買う時に、その経験を生かすと良いです。

足の痛くなる場所やシューズのすり減り方などを覚えておき、お店の店員さんに相談すると良いでしょう。

このあたりがランニングのノウハウになり、それが蓄積する中でランニングが好きになり、少し長い距離も走れるようになります。

ようは自分で実践してみることが、次にランニングシューズを買って失敗しないノウハウになるのです。

自分の足の感覚は、自分にしか解らないもので、自分にしか合わない、オンリーワンのランニングシューズを見つけるヒントになるからです。

クリールシューズトライアル

ランニング雑誌のクリールがクリールシューズトライアルと題して、毎年10月上旬東京臨海広域防災公園で1日かけてイベントを行います。

マラソンシューズメーカーを10社前後集め、自社のシューズを試着し、近くの広場を走り、実際にシューズを履いた感覚を確かめるというイベントです。

シューズ選びをする上では大変参考になるイベントで、各シューズメーカーの個性やシューズに対するこだわりのようなものが良く解ります。

また外国のメーカーも来ていますので、普段めったに見ないメーカーなどのシューズも試着し体感できます。

一度試してみても面白いイベントです。

ちなみに募集は、毎年8月下旬から9月ぐらいまで行います。

詳しくは毎年7月、8月ころのランニング雑誌クリールを見るか、インターネットのランネットスポーツエントリー等を確認してください。

まとめに

ランニングシューズの選び方についていろいろと述べましたが、他にもいろんな考え方があり、これといったものはございませんが、ランニングをする中で、自分が何を一番大切にするかを考え、それを基準にランニングシューズを探せば、自分の望むランニングシューズは見つかるでしょう。

その基準はデザインであり、走る目的であり、自分のおかれた立場であり、シューズメーカーであるのかもしれません。

スポンサーリンク
ピックアップ

おすすめトピック

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)